委員会活動

名称 目的 活動内容
安全管理委員会 医療安全を確保する為に患者との信頼関係を構築、医療事故防止のための具体的方策の推進、医療事故発生時の適切な対応を図る。

医療安全管理指針

※ PDFファイルの閲覧はAdobe Readerが必要になります。

1. 事故またはインシデントの情報収集
2. 情報分析と対策の検討および推進
3. 事故防止の為の啓発、教育、広報の推進
4. 各部署の問題解決、支援、職種間の調整
5. 身体拘束廃止の取り組み
6. 輸血療法の実施の取り組み
感染対策委員会 院内における感染発生・蔓延に対する予防と拡大のため、対策を討議・検討かつ効率的な活動の推進を図る。 1. マニュアルの作成・見直し
血液汚染、医療廃棄物、食中毒も含む
2. サーベイランスの管理
3. 感染対策に関する教育(研修)・指導
看護教育委員会
記録委員会
看護記録に関する知識を深め、記録の充実を図る 1. 記録の実態把握
2. 記録の指導
3. 記録監査
看護教育委員会
研修推進委員会
看護職員の能力・資質の向上を目指し、看護の充実を図る 1. 院内研修の企画・運営
2, 院外研修情報の発信
3, プリセプターシステムの構築
NST委員会 入院患者の栄養状態改善を図る 1, 低栄養状態患者の把握
2, NST回診
3, NSTに関する研修会参加、啓蒙活動
摂食機能委員会 摂食嚥下機能障害のある患者の実態を把握し、対策を検討する。 1, 摂食嚥下機能障害者の把握
2, 嚥下防止対策の検討
3, スタッフの教育
褥創対策委員会 褥創対策を討議・検討し、その効果的な推進を図る 1, 治療計画書の策定・管理
2, エアマットの適正使用・管理
3, 定期的な褥創回診の実施
4, 発生率の把握
5, 対策実施の指導・監督
6. 勉強会の企画・運営
7. 院内研修参加の推進
8. マニュアルの整備
クリニカルパス委員会 標準的な医療の提供を行う
在院日数や収支の改善を図る
患者参加型の医療サービスを提供する
職員教育ツールとして活用できるようシステム化する
1. パスの作成・見直し
2. バリアンスの分析・評価
3. 活用状況の把握・評価
排泄改善委員会 個々の患者にあった適切な排泄ケアの提供を行う 1. オムツ商品の選択・評価
2. ケアの統一・評価
 @オムツの当て方・交換時間
 A陰部洗浄などの清潔ケア
 Bオムツ・尿器・Pトイレ・カテーテルの使用基準を元にした評価
3. 排泄ケアに関する教育指導
4. 排泄における感染対策の周知
5. マニュアルの整備
RST委員会 安全な医療を提供する為に機器及び使用中の管理教育を行う 1. 院内ラウンドによる使用状況の把握
2. トラブル発生時の対応
 @発生状況の把握
 A業者との連携
3. 機器の管理
4. スタッフ教育
糖尿病教育委員会 糖尿病に関する知識の向上、スキルアップを図り、適切な患者指導の実践 1. 糖尿病教室 2回/月
2. 糖尿病に関する院内研修会の実施
3. 糖尿病教育パス及びパンフレットの見直し
4. スタッフへの指導

このページの先頭へ